私の/夜中の考えごと

働き方や子どもとの暮らし:夜中に考えていることを書いています

鬼滅の刃を考察できる知識が欲しい|完結に寄せて

鬼滅の刃が最終話第205話を迎えました。いちファンの私としては、カナヲの顔で「良かった」と思うのみです。

f:id:tk_e:20200518213617j:image

鬼滅の刃が完結して、良かった、と思うのは「鬼滅の刃の本質は語りつくされた」と思うからです。

かねてから鬼滅の刃には「仏教」のモチーフを感じていました。 

「鬼滅の刃」は仏教の教えをなぞっている説(自説)

鬼滅の刃は仏教の教えをなぞるものなのではないか、と思っています 

6s-adviser.hatenadiary.jp

 

そして更にずいずい考えていくと、いろんな要素が仏教の教えに当てはまっていくのでした

珠世の「薬」=生老病死(四苦)

最終決戦にて鬼・珠世は無惨に「薬」を自分の身ともども吸収させます(鬼滅の刃 16 138話「急転」)。

 

鬼滅の刃 16 (ジャンプコミックスDIGITAL)

ここから珠世の「薬」である四苦が始まる。

ところで四苦とは、ということでウィキペディアからの情報です

ja.wikipedia.org

生きること自体が「人間」の苦しみとするもの。

「人間に戻る薬」により鬼が人間に戻り、人間として生きるようになる。そしてその「人間として生きる」ことは苦しみでもあります。

無惨はただ「太陽を克服したい」その思いで那智暴虐の極みを行い続けているわけでして、鬼として生きながらえることを望んでいます。

そこに「人間に戻る」ことは、太陽を克服することを意味しつつも、鬼としては生き続けられないわけで、結局無惨にとっては耐え難い罰となるわけです。

そして「老い」

ひとは老いるものなのに「私の嫌いなものは変化だ」といい若い見た目を保っていました。

無惨の分裂を阻害することは「病」の苦しみを味わわせるものだと思ってます。今まで出来ていたことができなくなる、病とはそんなものですし

そんでしね、無惨、と。

 

珠世様の恨みが深くてこわい(けど好き)。

 

 

他にも

「六識」というもんを知りまして、炭治郎の鼻が効くこととか、善逸の聴覚や、伊之助の触覚、カナヲの視覚、そして玄弥の味覚(鬼食い)は「五感」だと思ってたんですが、どうも六識のほうなのでは、と

6つめの「識」は「意識」とのこと、禰豆子を表すのか、それとも同期の5人を合わせて「意識」をなすのか、もうちょっと読み解きたいところです。

 

 

と言った感じに仏教の教えが随所でストーリーの肝となる。これはすごいことだ。「漫画でわかる仏教」みたいな漫画以上に「仏教が分かる漫画」です(断言)。

そしてそれらは、全205話で語りつくされた、そう思うんです。

 

「鬼滅の刃」4年3カ月の連載に幕 - コミックナタリー

これで既存のストーリーを深く長く愛せる 良い漫画に出会えてよかった

2020/05/18 12:07

 

良い漫画に出会えてよかった。そればっかり思う最終話の夜でした。