私の/夜中の考えごと

働き方や子どもとの暮らし:夜中に考えていることを書いています

シニア世代から声をかけられる女児ママのぼやき

娘を二人連れておりますと、街中で知らん人から「いいわね〜」と声をかけられることがよくあります。

 

今住んでる埼玉県南部でも、旅行先の名古屋でも、帰省先の九州でも、同じことを言われるんです。同じようなことを経験してるひとも多そうなので、世界に向けてぼやいておきます 

 

ほんとどこに行ってもこういう趣旨のことで声を掛けられます。

  1. 女の子はいいわね~ずっとママのそばにいてくれるもの
  2. 男の子はダメね~お嫁さんに取られちゃうから

こちらとしては「はいどうも〜」と笑顔で受けて去っていくのですけど、言葉っていうのは心に残されちゃうので、複雑な心境になるんですよ

f:id:tk_e:20200910150406j:plain

--- Hadesさんによる写真ACからの写真

 

確かに女の子ふたりかわいいよ。知ってるよ。

けどこの子達もいつまでも自分のそばにいてほしいわけではないし、彼女たちも自分の人生を歩んでほしい。どこにだって行っていい、っていうかむしろ私のがどっかいきたい。

それなのに「ずっとそばにいてくれるから」いいわね~ってどういう意味なんだろう。

 

その人の娘さんが自分のそばにずっといてくれて良い、精神的に充足しているという経験談なのだろうか。いやそれ娘さんがいいならいいけど、ていうかむしろ娘さんがいいと思ってるからそばにいてくれてるんだろうけど、それはそれでお幸せでいいですね、ていう感想。

私は別に、あなたの人生をなぞれるわけじゃないのですよ。ていうかお名前もお伺いできておりませんし。すみません、それでは。

 

(それではといいつつまだ気にかかる)

あと「男の子はダメね~」ってマジなんなの、男の子も可愛いやんけ。お嫁さんにとられちゃうって何や。そこは息子さんの自由意思やろもん。ふつふつ。

それは息子さんの意思でそうされているわけですよね。それをダメってジャッジすることはご子息の意思を尊重していないってことですよね。いいのかそれで。

って言いたくて言えなくて「どうも~」って曖昧な笑顔でやり過ごす。

 

私ですらやり過ごすしかないのに他の人もやり過ごすしかないでしょう。のれんに腕押しの声かけコミュニケーション、何を求めているのか分からない。分からないけど、もしかしたら20年後30年後の私は「いいわね〜」っていう人になってるかもしれない。怖。

 

けど人生ってそんなもんですかね、以上ぼやきでした。