6S adviser!

ゆる〜くがんばるファミリーに

楽家事Tips*餅は餅屋と思った話し:家電の話しをさせてくれ

我々の生命線である洗濯乾燥機さんが死にかけたときの話しをします。

 

我が家の生命線

パナソニック洗濯乾燥機 NA-FR80S6。本体カラーはピンクです。

洗濯乾燥機 NA-FR80S6 商品概要 | 洗濯機/衣類乾燥機 | Panasonic

夫と結婚し同居を開始するにあたって、「共働きだし、乾燥機能がついてる方がいいね」ということで購入したのを覚えています。もう5年選手ですね。生産終了品。

まだ買い替えの予定はなく、今後ともがんばってもらいたいところ。

 

それにしても乾かないな洗濯物

季節は冬。毎度のことながら洗濯乾燥機で乾燥までの洗濯物を乾かし、いざたたもうと取り出すと「なんか湿ってる…!」

冬だもんね仕方ない、ともう一度乾燥を掛けてその場は収まりました。しかし日に日に落ちていく乾燥性能…

思わず与謝野晶子化しますよって。

冬は気温が低く空気中の飽和水蒸気圧も下がるので洗濯物が乾きづらいんだよ、と自分の中の家政学のせんせいが言いますけども、許容し難き乾きにくさ!電気代も圧迫している実感がありました。しかしフィルターは毎回綺麗に洗っているし、一体なにが起こっているのか。

我慢ならずメーカーサイトで調査です。

 

出でよクラブパナソニック

パナソニックは「クラブパナソニック」という会員サイトを開いています。

CLUB Panasonic

会員登録をして、手持ちの製品を愛用者登録しておくと、リコールなどの情報が入ってきやすいので利用しています。空気清浄機もヘアドライヤーも電動アシスト自転車もパナソニック製なので登録済み。

故障診断のサイトからの修理依頼もシームレスに行けるので助かります。

 

自分でホコリ取るのも検討はしたけど

「乾燥不良 冬場」でググった*1結果、フィルタの奥に詰まったホコリを自分で取った例が(主にブログメディアで)ありました。しかし、仕事で機械製造をしている夫ですら「修理依頼したがいいよー」とのこと。私自身も餅は餅屋の精神でおりますので、自力解決はせず修理依頼をいたしました。

 

修理受付から申し込み

木曜日の午後に申し込みサイトを開き、出張修理希望日の入力画面にたどり着いたところ、直近の土曜日午後に空きあり。ポチッと希望を出して出張修理のお手配を申し込みました。意外と早いコマが空いていて助かりました。

その後最寄りのサービスセンターからお電話があって申し込み内容の確認と時刻のご相談があり申し込み完了です。

 

出張修理当日

実際にいらっしゃるサービスマンさんから当日朝に訪問目安時間のご連絡がありました。1日在宅予定なので家の片付けをそそくさ。時間通りにおいでいただいて、挨拶そこそこ「あ〜ここですね。ホラ(ゴソォ」っと乾燥フィルタ奥の空間からホコリの塊が摘出されたのです…!

 ↑その時のツイート。感心しかなかったです。

その後なんぞのコマンドで本体を操作し諸々の確認をされてました。あとは念のためパルセーター(縦型ドラムの回転部)も見ていただき、「大丈夫ですね」と1hもかからず点検修理完了。

 

お支払いはクレカ優先

実はクラブパナソニック経由でパナソニック社製品の修理をお願いするのは三回目でして、都度お支払いはその場で、クレジットカードでお支払いとしています。

なんでも「作業員が現金を持ち歩くのはちょっと・・・」ということらしいです。取引の安全に考慮されている様子が伺えます。カードリーダもしっかりしたものですので安心。

なお、お支払金額は 出張費用込で5,400円でした。

 

乾燥機能全回復!!!

作業員さんがお帰りになり早速たまっていた洗濯物を投入して稼働し、2h後には洗濯物はしっかりフカフカに乾いたのでした。感動しますよこれ。

 

餅は餅屋の精神

プロフェッショナルは技能や研鑽を積んだ上でプロフェッショナルとして働いていらっしゃるので、お任せできるところはお任せして、自分は苦労しないという意味で楽家事*2な出来事でした。

「日頃のケアはどうしたらいいでしょうか」

「やはり定期的に診てもらうほうがいいですかね?」といった質問にもしっかりお答えいただけて助かりました。

 

楽家事家電は大事にしたいです。

*1:今回の検索には特段高度な検索テクニックは使っていませんけれども、以前書いた情報検索術エントリです: 

6s-adviser.hatenadiary.jp 

*2:楽家事まとめはこちら

6s-adviser.hatenadiary.jp

ついでに家電の話しまとめページ

6s-adviser.hatenadiary.jp