私の/夜中の考えごと

働き方や子どもとの暮らし:夜中に考えていることを書いています

「これも楽しかったんだ」という気づき/COVID-19緊急事態宣言

緊急事態宣言が発出されて1週間が経つところです。いろいろの気づき。

 

気づきのきっかけは「家族連れでお買い物」になってしまう理由をつぶやいたことです

 

大量RTFありがとうございます

 

今はもう家族で買い物になんていけません。子どもは家に。

自分で見て選びたいとかいうこだわりはなくしました。

サービスを活用してスーパーに行く回数を減らしているし、スーパーでの行動も変えています。

そういった工夫をされているご家庭は多いはず。

みな知恵を絞って、この緊急事態宣言下に暮らしているはず。

 

f:id:tk_e:20200413135325j:plain

--- ロリーさんによる写真ACからの写真 ---

 

そして、スーパーで食材を選ぶのですら、とても楽しいことだったんだ、と気づく。

 

いちごのパックを下から見て、つぶれているものはないかチェックしたり、りんごのおしりまでも赤いのを探してどれが一番甘そうかチェックしたり、バナナの値段と本数を考えながらかごに入れたり、

 

「豚小間が安くなってる。今日は豚丼にして、あとは下味付けて冷凍庫にいれとこ」

「カブが旬だね、ほら葉っぱ付きで売ってるよ」

「わ~大きいブリだ。照り焼きにしよ。照り焼きだったら子どもたちも食べるよね」

 

そんなことを家族で話しながら、売り場を歩くスーパーマーケット。

毎日のことだったのに、もう思い出の先にある風景。

 

今はとても、そんなにのんびりと買い物はできない。

 

見えないウイルスがどこに付着しているかわからない。

今すれ違った人もウイルスキャリアかもしれないし、むしろ自分がキャリアじゃない確証はない。

マスクの下の口は常にへの字だ。ビリビリした気持ちで手指を消毒する。

 

 

 

早く日常に戻りたいですね。今はそれぞれが、それぞれになすべきことを。