私の/夜中の考えごと

働き方や子どもとの暮らし:夜中に考えていることを書いています

yoga|過去を手放す訓練をはじめます

ちょいちょいとお試しで通っていたヨガをガッツリやることにしまして、精神面での調整もしていこうと思ってます。

 

と言ってもヨガスタジオやスポーツクラブに通うでもなく、運良く「パーソナルの自宅レッスンもこれからやっていきたいんですよね〜」というインストラクターさんと出会えたので、思い切って自宅に来ていただく運びになりました。気になるお値段はスタジオに通うのと同じくらい。

  

f:id:tk_e:20190930235621j:plain

   (Photo by PhotoAC: https://www.photo-ac.com/ )

パーソナルなので、自宅以外にパークヨガも機会があれば頼んでみようかと。自宅でアロマを炊きながら、というのも良いですし、パークヨガで自然を感じながら、でもよい。「私にとって良いこと」が多いのがパーソナル。

 

スタジオやクラブに通うのも、頭がねじれるくらい検討しました。

しかしどうやっても苦手なんですね。何故苦手かって、「こんにちは〜あら?今日もウェア素敵ですね!どこのですか?へぇ〜おしゃれ。さすがセンス良いですよねー羨ましい!」とか気分をアゲて人と接しなければならないのが苦手なんですね、別にしないでもいいのに。

その手の苦手を感じずにヨガに集中できる自宅レッスンは願ったり叶ったりでした。

 

取りも直さず本題、「過去を手放す」訓練を始めます。そしてその訓練をここに。

私は喋るよりも歌うよりも、やはり文章で表すのが好きですし、言いたいことが存分に言える。そして自分を見つめ直すことができるのも、やはり文章の良さと思います。そういったわけで、訓練の記録を記すにはここが一番です。

 

人の悩みは「過去」と「未来」

初回はヨガの基本を教えてもらうところから。

先生には前もって自分が双極性障害Ⅱ型の精神障害を持っており、日々の生活に困難を感じていることをお知らせしております。その上で育児のせわしなさもあり、なかなか落ち着いて自分と向き合い、他者に寛容になれずに思い悩みがちなことも。

先生が初回に教えてくれたことで印象深いのが「現在にフォーカスする集中力をつける」ということ。

未来に向かっては思い悩み、過去に向かっては後悔する、それが人間の常ながら、呼吸を整え身体を整えることで、精神を現在にフォーカスすることを目指しましょう、となりました。 

過去: 

振り返ってみれば、この度急に失業したことをトリガーにして、被雇用者であったときの悪い思い出が噴出して、その度毎に黒い感情が我が身を覆うのでした。

不意に遭遇したモラハラ上司さま、私の頭の上でお互いの主義主張を戦わせたべんりしお二人、「なんであなたにだけ仕事がくるの」とご自身ではスキル研鑽をしない上で私に睨みを聞かせ続けたあのお方、元気ですか?私は元気です。

その方々を、もう心のなかに住ませないこと。

彼らに苦しみ悩んだ自分をすくい上げること、そして「もういいんだよ」と抱きしめること、それをこれからやっていきます。

 

ただの文句に堕すことなきよう、「何故ハラスメントが生じたのか」「何故私たちはうまく行かなかったのか」「彼らはどういう状況を欲していたのか」そのあたりを掘り起こし、できれば今なんらかのハラスメントにお困りの方の、解決の糸口となるよう、出来得る限りの考察をしていきたいと思っています。

 

過去を手放す、それは一度過去を手に取ることから。