夜中の考え事

働き方や子どもとの暮らし:双極性障害Ⅱ型当事者が、夜中に考えていることを書いています

私はいつまでも「姉」に頼る人生を歩むのか

夜中に考えすぎています。


f:id:tk_e:20190404230704j:plain

自分自身が二人姉妹の妹でありまして、3つ上の姉には幼少期から助けられっぱなしの人生を歩んできました。

そして今、3歳離れた二人姉妹とともに暮らしていて、3歳の長女がしっかりものなのでついつい0歳の次女を見ていてもらったり(その間は子どもたちが見えるところで家事をしています)、「お姉ちゃん」をさせてしまっています。 「お姉ちゃん」だって、まだ3歳なのに。

f:id:tk_e:20190405112628j:plain

もっと家事をサボって子どもたちと触れ合うぞ!と思うのですが、几帳面な自分を充足させるために家事をやりすぎてしまうきらいがあります。

 

これから先の日本では、自助も公助も求められるものではなく、親の私たちはおそらく彼女たちより先に老いて灰になってしまいます。

私たちがいなくなったその先の人生に、きょうだいがいたら心強いのではないか、と考えて二児をもうけたわけですが、果たしてその選択は、彼女たちにとって良いものであるのか

 

うまくまとまりません。

 

次女は今つかまり立ちをしているところで、この夏にも歩き出すことでしょう。長女も同じ時期に歩き出し、近所の公園で外あんよを見守っていた思い出があります。

次女が歩き出し、走り出し、そのとき長女の後を追っていく姿が思い浮かびます。かつての私が姉を追いかけたように。追い越したくても永遠に追い越せない「お姉ちゃん」を追いかけた、自分の思い出が交差します。

f:id:tk_e:20190404230755j:plain 

人生の最後に思い出す景色は、もしかして今このシーンかもしれないな、と思いながら今日もシャッターを押すのでした。