6S adviser!

:::在宅勤務のワーママ暮らし:::

コスメの話しをさせてくれ*復職2年のコスメポーチ晒す

復帰準備タグの盛り上がりに復帰するお母さんのコスメトークもちらほら。春コスメも出始める頃なのでウキウキですね。

 

改めてWM2年目のコスメポーチを眺めてみると、

f:id:tk_e:20180313083414j:image

これだけ。

旅行や帰省時にはここにワンデーのソフトコンタクトレンズを日数分+1だけ入れて旅行バッグにポイです。

使うものだけ入れていて、使わないものは入れてないのでこの一つに落ち着きました。

愛用コスメブランドはIPSAです。大学生の頃から10年以上のお付き合い。ポーチもIPSAのノベルティでゲットしたお気に入りです。

 

www.ipsa.co.jp

 

朝のメイク何分かかる?

5分かかって無いと思います…

日焼け止めとコントロールカラーを混ぜてぬり拡げて下地にし、お粉をファンデーションブラシではたいてベースは完了。フォーマルな場に出るときや仕事で来客予定があれば、パウダーの前にコンシーラーでシミやクマを消すひと手間が加わります。

あとはアイラインを引いておしまい。時間があればアイシャドウをブラシで重ねます。さらに時間があって気分がのっていればチークなども。

 

WM以前の振り返り

今はこんな感じですが、WM以前、独身の頃や夫と二人のDINKs(Double Income No-Kids)の頃は、潤沢に美容にお金と時間をかけておりましたよ。マスカラもランコムのものをたくさんイロチ買い(CanCan用語)してたりもしましたし、小顔矯正マッサージに通ったり、月イチのまつげエクステ、ジェルネイル...

妊娠出産を機にそれらをしなくなり、コスメもメイクもシンプルになっていきました。

自分の24時間を仕事と育児に全振りしたくなったので、たくさん持っていたライン使いのコスメも減らしていき、そして、減らしていった分はなくても別に困らないな、ということが分かったここ数年です。

時間をたっぷりかけてメイクをできない、ではなく、しないと決めたのでノンストレス。

 

それでも残った神メイクアイテムたち

それでも残ったアイテムはこちら。

 1. 日焼け止め

イプサ(IPSA) プロテクター センシティブ

レコメンポイント:敏感肌用の処方で低刺激。せっけんでオフ可能。赤ちゃんから使えるので子どもと一緒につかえます。

 

2. コントロールパウダー

 

イプサ(IPSA) コントロールパウダー

レコメンポイント:これだけでふんわり肌になり皮脂テカがしっかり押さえられます。三色のコントロールカラーが混ざっているので、赤みがあるところには黄色を多めにブラシにとって重ねてみるなど、複数個のフェイスカラーを持つことなくきめ細かいメイクアップが可能です(色味を重ねるテクはIPSAのBAさんに教わりました)。

 

3. フローフシ モテライナー

フローフシ モテライナー リキッド ブラウンブラック 0.55ml


言わずもがなモテライナー。思うままに描けてにじまないです。使う前にシャカシャカ振るので仮面ライダービルド気分も味わえます。

 

番外編:職場デスクの引き出しに忍ばせているアイテム

イプサ(IPSA) ザ・タイムR デイエッセンススティック

レコメンポイント:うるおいを補う水分たっぷりの美容液スティック。スティック状になっている点で神。肌が乾燥してるなと思ったらスルっと塗って拡げるだけで潤いチャージできます。お化粧直しも楽チンです。

 

フェイスパウダーの切り替えに際して気になっているアイテム

 

IPSA(イプサ) フェイスパウダー アルティメイト(レフィル)

こちら気になっております、と呟くと、ツイッターのママアカウントさんからレコメン頂き尚更気になりました。休業に入って時間が取れたらタッチアップに行こう〜

 

総括

WMてもんは自分にかける時間が少ないので、厳選したアイテムで勝負!!てのを表現したようなコスメポーチの中身でございます。

子どもが育ってアイシャドウを引く余裕が出たら、ハイブランドのアイシャドウパレットを使いたい!その頃には颯爽とバリキャリ路線に復活だ〜

と、コスメポーチの中にも女の人生が垣間見えるなーと思った次第です。