夜中の考え事

たいていの悩み事は夜の空気に答えを見つけるものでして

2019年夏|就業形態を変えます

紆余曲折ありましたが転職いたします、とご報告して2ヶ月が経ちました。

双極性障害(Ⅱ型)の治療を始めました|無価値感の正体

産後うつかと思いきや双極性障害(Ⅱ型)だったみたいです。というわけで治療開始してもう5ヶ月も経ちました。

双極性障害(Ⅱ型)の治療を始めました|精神障害者福祉手帳交付申請

産後うつかと思いきや双極性障害(Ⅱ型)だったみたいです。というわけで治療開始してもう20週間が経ちました。

双極性障害(Ⅱ型)の治療を始めました|精神障害者福祉手帳

産後うつかと思いきや双極性障害(Ⅱ型)だったみたいです。というわけで治療開始してもう16週間が経ちました。

働く母の転職譚

このお話しは、りっすんブログコンテストに乗じて、私の経験した「迷い」と「決断」のストーリーを書くものです。

武装せねばならぬか

またもや報道に心を痛めています。

双極性障害(Ⅱ型)の治療を始めました|過去の言動・行動の振り返り

産後うつかと思いきや双極性障害(Ⅱ型)だったみたいです。というわけで治療開始してもう12週間が経ちました。

双極性障害(Ⅱ型)の治療を始めました|勇気を持って遠ざかる

産後うつかと思いきや双極性障害(Ⅱ型)だったみたいです。というわけで治療開始してもう10週間が経ちました。

双極性障害(Ⅱ型)の治療を始めました|やったことまとめ

産後うつかと思いきや双極性障害(Ⅱ型)だったみたいです。というわけで治療開始してもう10週間が経ちました。

しんどさシリーズ Season 2|フリーライドし合う私たち

子育ての時期真っ只中にある我が家において、夫婦仲がどんどんと希薄になっていくのは何故なのか、と考えをめぐらしました。

家事育児は「祈り」なんだろな

ちょっとしたアウトドアイベントがありまして、子どものお弁当を詰めていて考えたことです。

#九州で男性として生きること

#九州で女性として生きること の単純なカウンターが #九州で男性として生きること かと思っていました。

2019年春|転職いたします

紆余曲折ありましたが転職いたします。

子どもの頭の上で喧嘩してはならぬ

また長女3歳絡みのお話しなのですが、

母の笑顔の意味が分かった

3歳長女が夜中に突然の嘔吐。以後はお察しのとおりドタドタバタバタです。

双極性障害(Ⅱ型)の治療を始めました|平常運転への違和感

産後うつかと思いきや双極性障害(Ⅱ型)だったみたいです。というわけで治療開始して6週間が経ちました。

どうにかならんか #お名前つけ曼荼羅

今日は朝から考えてます。 今春もやってまいりました「お名前つけ曼荼羅」。描きましょう描きましょう。

私はいつまでも「姉」に頼る人生を歩むのか

夜中に考えすぎています。

子連れお出かけ|にゃーごや麺類を食べる旅

唐突に麺類を食べに食べたくなりましてですね。

自戒|またロールモデル潰しをやってしまった

またロールモデル潰しをやってしまいました。自戒を書きます。

RICOH GR CX4|桜を撮ってきました

桜の季節になりまして、次女の保育園も始まりまして、慣らし保育の時間に長女と二人でおさんぽしてきました。

#九州で女性として生きること 呪いが解けた一族のこと

去年の夏の終わりに考えたことを。

双極性障害(Ⅱ型)の治療を始めました|自己障害受容

産後うつかと思いきや双極性障害(Ⅱ型)だったみたいです。というわけで治療開始して4週間が経ちました。

Change.org 一つのキャンペーンに賛同しました

Change.orgにおいて、下記キャンペーンに賛同しました。

子どもと親の「相性」を考えた

こんにちは/こんばんは たかえ(@tk_e) です。夜中に考えてますよ。 (とにかじブログの挨拶文をパクる) 長女の椅子が…!!!ていうことからお掃除グッズのことをとにかじブログにつらつら書きました。

双極性障害(Ⅱ型)の治療を始めました|情報検索編

産後うつかと思いきや双極性障害(Ⅱ型)だったみたいです。というわけで治療開始。

鴻上尚史先生が優しくて沁みる|親も休まないと潰れる実感

鴻上尚史のアエラドットの記事が沁みたのでブログにも書きます。

ブログタイトルの変更|6s-adviser!から「夜中の考え事」へ

唐突ながらブログタイトルを変更いたしました。

育児ガチ勢になるには専業しゅふでも無理なんでないのか

長女3歳、年少さんになるとのことで何がしかの習い事を始めようかと思いましたが、各種お教室のスケジュールに早速出鼻をくじかれたお話しをします。

ブログ開設1年のふりかえり

2018年1月のブログ開設より1年が経ち、記事も100を超えまして、で。